FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コバステッチについて

 犬服のコバステッチについて、有った方が良いか無い方が良いか模索しておりました

結果、無い方が良い という結論に至りました


コバステッチとは
画像のように、リブと生地の折山(境目)部分の1mm~2mm部分のギリギリの所にかけるステッチのことです
犬服でいうところの首、袖、裾部分のリブ端にかけたりするステッチのことです
2018-4-16-20.jpg 
(布端や縫い代を落ち着かせる効果があります)


常々、コバステッチ無しの方が見た目にふんわりとして長らくステッチ無しで仕上げておりましたが
それだけだと、ただの好みの問題なので


コバステッチかけた方が良いのか、無い方がいいのか
乃杏と嗣留の洋服の様々な素材にコバステッチをかけて仕上げ
試着してみること4か月
2018-4-16-21.jpg 
リブ端部分にはコバステッチ無しの方が断然、動きやすいことが判明しました
何より脱ぎ着がしやすい!(これ私的には重要なポイントなのです)


コバステッチをかけることで、脱着時の伸縮率がどうしても低下するので
関節への負担がとても心配でした

特に乃杏は関節に爆弾をかかえているので、明らかにステッチ無しの方が負担なく着れました


見た目だけでなく、脱ぎ着のしやすさにも重点をおき
4月に入ってからのオーダー分からはコバステッチをかけておりません


売るほどある(笑)HARUショップの既製品の洋服のコバステッチを確認してみましたら
やはり9割近くコバステッチはかけておりませんでした
ちゃ~んと負担の少ない優しい仕立てになっておりました(*^-^*)


以上、あまり気にする部分ではないかもしれませんが何気に着やすさに反映する大切な部分ですので
コバステッチについて説明させてもらいました

いつもありがとうございます♪

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。